« Home »
2月 11th, 2020 Comments: 0

MAZDA3

Tags
Plurk
Share this


MAZDA3のお預かり。
これからのマツダ車のスタンダードとなりそうな純正オーディオシステム。
ドアにツィーターと8㎝のミッレンジ、そしてキックパネル部にはエンクロージャーに納まった13cmウーハーをマルチで駆動させています。
以前のマツダコネクトや純正BOSEに比べると帯域バランスのとれた音が鳴っていますね。
オーナーさんとは前車のBMWからのお付き合いで、ETONのスピーカーやHELIXのDSPの追加、DAPの導入等々徐々にシステムアップをさせていただきました。

さすがに初めてのシステムなんで、様子見がてらに前車で使っておられたHELIXのP-SIXーDSPとウォークマンの取付を♪

そして13cmウーハーではどうしても再現できない空気感を出すために、パイオニアのサブウーハーの追加です♪

運転席下の純正アンプからフロント3ウェイ分の信号を取り出し、DSPに入力。


今後のスピーカー交換に向けて純正の状態を確認。
ドアのインナーパネルの手前に8センチのミッドレンジがぶら下がるようについていますね。
今のところお勧めしたいスピーカーが見当たらない(>_<) 純正スピーカーをDSPで制御するというのはおそらく初めての経験。
純正からのアナログ入力とは一線を画すDAPのデジタル接続♪

低域がかなりいいので、かえって中域の厚みのなさが気になるところ。

今回も徐々に理想に近づけていきましょう♪
これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です